Web.

Sustainable Web Design. お問い合わせ

ホームページを制作するということ。

ホームページとは何か?
簡単にまとめてみました。

詳しくはこちら 

WORK

制作サイト

画像1

どうしんかまだ

https://doshin-kamada.com/

画像2

トミーレッカー&搬送

https://tommywrecker.com/

画像4

REC環境サービス

http://colors.main.jp/

画像1

ガレージナッズ

http://www.nazds.jp/

画像3

株式会社北都

https://attaatta.com/

画像4

株式会社ダイルーフ

https://dairoof.jp/

画像1

株式会社シャイン

https://shine-gh.com/

画像3

TOMMYモータース

https://tommy2525.com/

画像4

地崎商事株式会社車検受付

https://czk-ss.com/

画像5

Plug in 札幌

http://plugin-sapporo.com

画像6

札幌水道修理受付窓口

https://札幌水道修理受付窓口.com/

画像1

トミーレンタカー

https://rich2525.com

画像2

株式会社エコロジーライフ

https://e-ecologylife.com

画像3

株式会社大興商事

http://www.daiko-shoji.net

画像4

株式会社プロット

http://www.aioi-plot.com

画像5

スナップオン

https://snap-on-sp.com/

画像6

有限会社 衛生洗浄設備

https://suidou24.net/

※上記サイトに掲載されているページ内制作物等は全て当社に著作権がございます。詳しくはお問い合わせください。
また過去に制作した制作物等も当社に著作権がございます。許可のない二次使用は固くお断りいたします。

Sustainable Web Design

サスティナブル ウェブデザイン

サスティナブル ウェブデザインとは、コンテンツの見つけやすさやページ導線の分かりやすさ、ストレスのない高速表示、 デバイスに左右されない見やすいデザインなど、ビジネスとユーザー双方の観点から、より見やすく分かりやすいウェブページデザインの事を差します。

近年のサスティナビリティの流れを受けて、当社でも積極的に取り組んでいます。
特に、消費電力の少ないウェブサイトは、社会全体の持続可能性の面で重要となり、多様なデバイスからの高速アクセスにも対応するデザインにすることにより、個別対応を不要化し消費電力抑制にも貢献します。

サスティナブル ウェブデザイン

Responsive Design

レスポンシブデザイン

近年、スマートフォンの進化により、PCよりもスマートフォンやタブレットによるページ閲覧が増加傾向にあります。

ホームページも各ガジェット(端末等)に対応したものを求められる時代になりました。
「PCで閲覧出来るホームページがあるから大丈夫」ということではありません。

今後は、 時代のニーズに沿った各ガジェットの最適なサイズで閲覧でき、より見やすく、より分かりやすいホームページが必要です。

他社様で制作したホームページの更新及び変更、新規制作やサイト保守・運用も承っております。
当社は、完全予約制となっております。制作内容や価格についてはお問い合わせください。

スマホ画像

SERVICE

ホームページ

レスポンシブデザインを軸としたホームページ・ネットショッピングサイト・ランディングページを制作。

ロゴデザイン

ステッカーやアパレルをはじめとするオリジナルロゴデータ制作。

フライヤー

チラシやフライヤー、デジタル媒体やSNS広告等のデータ制作。

SUBSCRIPTION

サブスクリプション

月々の更新費用が気になる方に、サブスク方式で一定期間の更新権としてお支払い頂く方式も採用。

定額制で更新費用を気にせずホームページを所有することも可能です。
高額になりがちな更新費用を、サブスクをうまく利用してお得に維持してください。

詳しい費用等はお問い合わせください。

サブスク画像

Environmental protection

当社における感染症対策、カーボンニュートラル、SDG’sの観点から

2020年のコロナ禍以降、当社におきましても今まで感染症対策におけるオンラインリモートワークを関係各社様のご協力のもと実施して来ました。

この度、国内でも力を入れております感染症対策、カーボンニュートラル、SDG’sの観点から、当社でも今後も継続して何が出来るかを考え、2020年以降実施してきたリモートワークを、今後も継続してオンライン上での打ち合わせ、更新、制作等を行う事を決定致しました。

内訳と致しましては、打ち合わせ移動時等の車両移動により発生するCO2削減及び移動時間等の短縮、各所への移動による感染リスク回避をする事により、より効率的で持続的な制作、タスク管理、排出ガス削減、感染症への対策と考えます。

当社のお取引先様に関しましても、今まで通り引き続きご協力を頂いておりますオンラインによる更新、制作、打ち合わせをさせて頂きます。

未来のために出来る事を。

感染症対策、カーボンニュートラル、SDG’s

メタバース事業

メタバース上での事業展開

当社では、SPATIALメタバースでの展開をしております。
メタバースとは仮想空間のことで、メタバース内でビルの建築や美術館、実際にある博物館の建築、未来都市を形成してそこで広告や雇用を生み出す事業計画を展開。

今後、日本においてもメタバース内での活動が活発になることが予想されます。
そこで、当社ではメタバースにいち早く着目し、まずはメタバース上に企業様向け広告を展開。世界中からメタバースに訪れるユーザーをターゲットに広告事業展開も行なっております。

今後は、ショッピングモールの建設をし、そこでNFTを販売・実世界での商品や活動のコマーシャル、セミナー等の活動など、メタバース上で行なえる様々なことのサポートをしていきます。

当社での、SPATIALメタバースは、下記URLよりご入場ください。
HEAVEN CITY

スぺーシャルメタバース事業

HEXA NFT

HEXA NFTマーケットへの出店

この度、当社では、次世代におけるARTの観点から、日本語・日本円で対応可能な、HEXAへの出展を始めました。
NFTとは、代替不可能なトークン(Non-Fungible Token)の略称で、デジタルデータをブロックチェーン上に記録し、1点物として移転・売買出来るようにしたものです。
世界中に、様々なマーケットがございますが、HEXAは、仮想通貨・ガス代といったものが必要なく、販売収益も円で受け取りが可能です。
どなたでも、簡単に気軽にNFTを楽しめるのがHEXAの良いところとなっております。

当社での、HEXA内販売ページは、下記URLよりご覧ください。
https://nft.hexanft.com/users/p0ywTgugisYTQk

HEXA NFT マーケットは下記URLから
HEXA

ヘキサNFTアート投資仮想通貨

HEXAメタバース

HEXAメタバースの始動開始

HEXAメタバース・ゲートウェイのメタバース3D空間では、保有している3Dデータ、画像データ、映像データ、音声データなどのNFTを飾ることができます。住民票NFTを保有しているユーザーは自分の家にNFTを飾って友人を招くことができたり、HEXA LAND NFTを持っているユーザーは家をLAND上に建てて多くのユーザーに認知してもらうこともできたりします。
海外で難しかったと思うことが、日本で出来るようになります。

HEXA LAND NFTはこれまで、HEXAサイト上に広告を掲載できる広告枠NFTとしてGod、Genesis、Metropolis、Town、SandのLANDを販売してきました。
HEXAメタバース・ゲートウェイプロジェクトの発表に伴い、HEXAサイト上の広告枠を持たないSandの外側のPlain LAND NFTの発売も今後予定しています。
Plain LANDはHEXAメタバース空間の人口増加に伴い、未開拓のPlain LANDが徐々に開拓されていく形ととなります。

一方、広告枠NFTとしての機能も搭載したGod、Genesis、Metropolis、Town、SandについてはHEXAメタバースの中心部の一等地に位置し、今後追加発行されることは一切ありません。

その後、順次HEXA LANDへの家の設置や建物の建設、HEXA LAND開拓の公共事業、HEXAで発行されていないNFTの対応などが予定されています。


当社での、HEXA内販売ページは、下記URLよりご覧ください。
https://nft.hexanft.com/users/p0ywTgugisYTQk

HEXA NFT マーケットは下記URLから
HEXA

HEXAメタバースヘキサNFTアート投資仮想通貨